愛着

MENU

買い取り店を利用する

私は以前、ブランド品で使えないけど愛着のあるものを大切に持っていました。
そのようなものがあると、いつまでもそのものへの執着が抜けなくなってしまいます。

 

買取店を利用するようになってから、とうとうその使えないけど愛着のあるものを買取りしてもらうことになりました。

 

購入する時は、けっこう高い値段だったので、あまりにも安ければショックでしたが、それなりの買取価格が付きました。

 

当然、壊れていて使えないものだったのですが、それでもブランド買取をしてもらうことができました。
存在感が大きかったのもあり、その日の夜はかなりショックでした。
買取りに出さなければ良かったかなとも思い、後悔もしました。

 

HOME

 

ないと困るものだけを大事にする

 

高い金額を出して買ったブランド品はなぜか捨てられないんですよね。

 

しかし、気を取り直して考えてみると、使えないものをいつまでも手元に置いておく方が無駄なような気がしてきました。
そして、今度は長く愛用できる、いつでも気兼ねなく使えるものを愛用していこうと言う気になりました。

 

手放した、使えないけど愛着のあるものの代わりになるものは、まだ購入していません。
最初の頃はすぐに新しいものを買う予定でしたが、日が経つにつれて無くても平気に感じるようになっていきました。

 

ものがあるときは、無いと困ると思ってしまうのですが、無ければ無いなりになんとかなることを知りました。
これはペットロスとは明らかに違うものだとも思いました。

 

 

 

そして、今後はものに執着しないで生きられるようにしていきたいと思うようになりました。
そう思えたことで、心がとても楽になりました。