衣類

MENU

シンプルな洋服

若い頃は洋服がとても大好きで、毎月ファッション雑誌を購入しては眺めるのが毎日の日課でした。
段々と年齢を重ねるにつれて、洋服が段々とシンプルになっていき洋服を選ぶ基準も変わってきました。

 

若いころの「可愛いもの」から、今は「長く着れる質の良いもの」へ変わりました。
そしてある時、毎年どれだけ可愛くて値段もある程度するものを購入しても、翌年には着用しないという事に気づきました。

 

その為洋服はシンプルに価格も安めなものを、そして小物は良いものを購入するというスタイルに変わってきました。
そして昔購入して着なかった洋服を一斉に処分しました。
HOME

 

クローゼットの中がスッキリ

 

するとビックリする位にクローゼットの中がすっからかんになりました。
また洋服をかなり吟味して購入するようになったので、服の枚数もそれほど増えることもなく部屋の中もスッキリしましたし、それとともに心もスッキリしました。

 

そして洋服を整理していた時に思ったのが、同じような洋服を何枚も持っていたのにも気づかなかったという事です。
なんと今まで無駄使いしていたのだと後悔しました。

 

今は洋服もスッキリしているので、新しい服を選ぶときにも頭の中でクローゼットの中を想像できて「同じような服があったな」と更に慎重に選ぶようになりました。
また結局よく着る服は決まっているので、服を購入するのに選択肢があって困っている時はいつも自分がよく着るものを選ぶようにしています。
年齢を重ねるにつれて人の価値観は変わってきます。それに伴い洋服も一度整理することおすすめします。